あなたのペースで一緒に躁鬱病を治療しましょう

種類を知る

カウンセリング

代表的

躁鬱病の治療薬として代表的なものが抗うつ薬です。鬱病の治療に使用される抗うつ薬は、気分が沈むのを抑えて明るく捉えられるように効果を発揮してくれます。体の内臓器官が弱っている病気などには処方されず、鬱病や躁鬱病といった症状が見られたときに専門医の診断によって処方されます。抗うつ薬は総称なので、トリプタノールやトレドミンなど種類が分かれているので、体調や体質によって適格な薬が処方されます。

気分を落ち着かせる

躁鬱病の治療は、抗うつ薬の他に気分安定剤があります。精神病は外科手術とは異なり、体にメスをいれて原因となる腫瘍を取り除いてすぐに回復するような病気ではありません。1回だけの治療ではなく、人生のなかで上手く付き合っていくことが大切です。継続治療に使用されるのが気分安定剤です。気分安定剤は躁鬱病の上下に揺れる気持ちのブレを抑え、物腰が丸いような性格に留めてくれます。安定剤にも種類が分かれていますが、最初は1つの薬を使って経口治療が行われていきます。それでも効き目が感じられない場合に、他の種類も合わせて服用します。

躁鬱病の治療には、抗精神病剤と呼ばれる錠剤も使用されます。治療に使用される薬には副作用が付き物ですが、この抗精神病剤は問題視される副作用が弱く、患者や家族から人気があります。他の薬が開発される前から使用されてきた抗精神病薬があり、現在でも症状が強く出てしまう患者の処方箋に記載されています。